CUシャンプー

CUシャンプー成分と効果|毛髪に効く成分と頭皮への効果

更新日:

スカルプシャンプーや育毛効果の期待できるシャンプーは、含まれている成分が重要になります。髪に良いとされる成分が多いほど、頭皮の環境を整えてくれるからです。

では、CUシャンプーの場合はどうでしょうか?成分の特徴と髪や頭皮への効果を検証してみます。

○CUシャンプー成分の特色やセールスポイント

まず、CUシャンプーの「ウリ」である成分の効果性を、公式サイトなら探ってみました。

1)ノンシリコン
2)無添加(自然素材・オーガニック)オーガニック成分10種類配合
3)弱酸性タイプ
4)アミノ酸系洗浄成分の絶妙な配合
5)RO(逆浸透)膜による高純度の水を使用

育毛系の頭髪関連製品でよく聞く成分もありますが、それぞれ詳しくチェックしてみます。

 

1)従来のノンシリコンシャンプーの弱点を克服
人工的なシリコン不使用であるノンシリコン系ですが、肌触りやツヤの部分でややお取ります。そこで、CUシャンプーでは、従来のノンシリコンの弱点である「髪がきしむ」「艶が出ない」「指通りが悪い」といったデメリットを解消することに成功しました。
その理由は、アミノ酸系洗浄成分とオーガニックの成分を絶妙に配合し、ノンシリコンを弱い部分を改善しました。

2)オーガニックエキス10種類の自然派シャンプー
無添加である特徴の1つに、植物由来の自然派オーガニック成分を10種類も配合していることです。
原料として選ばれたものは下記の10種類です。

・セージ葉エキス
・ローズマリー葉エキス
・キュウリ果実エキス
・タチジャコウソウ花/葉エキス
・ラベンダー花エキス
・セイヨウサンザシ果実エキス
・アルテア根エキス
・カミツレエキス
・ゴボウ根エキス
・トウキンセンカエキス

こうした頭皮や頭髪の健康・成長に導くオーガニック成分を独自に配合しています。

オーガニック成分の何が効果的かというと、アレルギーや肌質の弱い方でも頭皮のトラブルになりにくいからです。

つまり、天然の植物由来で刺激の強いものや副作用を使用していないため、安全性の新来も高くなっています。

 

3)弱酸性の成分で頭皮や毛髪に刺激が少ない
人間の肌は、酸性・アルカリ性で言うところの「弱酸性」の性質を持ちます。シャンプーやボディーソープでよくある「弱酸性」ですが、肌に優しいことで使用時のトラブルや地肌への悪影響を防いでくれます。これは、シャンプーの頭皮に働きかえる役割が大切だからです。もちろん、毛髪自体にもダメージが少なく、優しくケアができるシャンプーだということです。また、や副次的な効果としてはカラーリングやパーマの時に使用される残留アルカリの除去にも役立つ性質があり、髪に優しいのです。

 

4)良質のアミノ酸系洗浄成分を配合
髪をいたわる特徴として、洗浄成分にアミノ酸系を採用。頭皮や頭髪の汚れをしっかり落としながら、髪の保護も行ってくれる特質があります。アミノ酸系成分の中でも、とくに希少性の高い高級はアミノ酸成分となっています。影響として、肌質の弱い方や痛みやすいデリケートな髪質に対しても、例外なく使用できる安全な品質が効果的である。

 

5)純度に高い水を使用、有効成分を働きを助ける
シャンプーの品質において、含有成分はもちろん「水」の役割も大きく関係します。実は、シャンプーの構成比では水の割合が最も高く、高純度の水を採用することで、不純物のない清潔なシャンプーとなります。CUシャンプーでは、最近話題のRO水(逆浸透膜)を採用して、極限まで濾過された高純度な水を実現して有効成分の効果を最大限に引き出すのである。

-CUシャンプー
-, ,

Copyright© CUシャンプーの口コミや評判は?頭皮ならこのスカルプシャンプー , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.